クチュールというアート

創作。それはアーティストのなせる技です。そして芸術性の頂点に位置するのがオートクチュールです。豊かな表現力、際立つ個性、飽くなき挑戦。ありふれたスタイルからの脱却。そこにはサンドラ・マーレイ独自の世界があります。

アーティストの作品が、彼らのパーソナリティと切り離せないのは言うまでもありません。サンドラ・マーレイの作品にも、複雑で個性的、純粋でありながらちょっと軽薄といった、彼女の性格が表現されています。

サンドラは、画家や詩人、写真家、ミュージシャンと同等、自己表現を生きる力にしています。そして、画家に絵の具があり、ミュージシャンに音符があり、詩人に言葉があるように、サンドラには布地があります。彼女は直感と身体感覚を通じて、布地を創り、形にして、布地に命を与えます。そう、作品に命を吹き込むのです。

アーティストは誰もが真っ白なキャンバスを求めます。そこは、ゼロから創造性を駆使できるスタート地点です。サンドラが創るすべての作品もここから始まります。芸術家としての努力、スコットランドの美学と技術が1つになって、最終的に彼女の作品が生まれます。

サンドラは国際舞台で活躍する孤高のクチュリエです。

私(サンドラ)の物語

「私(サンドラ)の物語は、1951年からヘブリディーズ諸島の北端で始まります。ルイス島のポート・オブ・ネスと呼ばれる場所です。父は、当時から船大工で、母はニット製品のビジネスを営んでいました。ヘブリディーズ諸島の暮らしを支える海、職人技、料理とウールは、幼い頃から私の心に根付いていました。

幸せな家庭で育ちました。テレビがなかったので、自分たちで楽しみを見つけました。自家製のキルトや手編みのニットを着て、外で遊んだものです。

1970年にグラスゴー美術学校に入学しました。授業ではミケランジェロやレンブラントを学びましたが、頭の中は店のショーウィンドウのことでいっぱいでした。ザンドラ・ローズ、ジーン・ミュアーなど、’60年代の人たちは皆、怖れを知らずに、衣服を表現する方法を見せてくれました。

その後、ハイランド地方のインバネスコートに居を移しました。そこでは、独立したデザイナー兼クチュリエ兼職人として注文を受け、自分の道を模索しながら、ひたすら仕事を通して学びました。私を駆り立てていたのは情熱でした。手縫い、美しい色の組み合わせ、目を見張る織り方や、衣服をもう1つ上の世界に昇華させるための情熱です。

その後の30年間は、オーダーメイドの洋服を手縫いで仕立てていました。素材には、スコットランド、ヨーロッパその他の優れたテキスタイルだけを使用しました。仕事ぶりが口コミで広がり、お得意様や常連客様ができました。

最近4年間は、ニューヨークや東京で作品を紹介してきました。展示会、委託注文、コラボレーション、イベントをこなし、数々の賞を受章し、レクチャーやファッションショーを開催し、テレビ・ドキュメンタリーの取材を受けました。本年の初めには、スコティッシュ・ファッションとテキスタイルへの貢献によりMBE勲章を受勲しました。

以上が、私の最新の物語ですが、ある意味では最新ではないかもしれません。明日には新たなインスピレーションや、新たなチャレンジ、デザインが生まれるからです。創るべきもの、試すべき発想、並べてみるべき布地があるでしょう。経験、観察、そしてイマジネーションの物語に真の終わりはありませんから。

創造力を形に

連なる山々。霧にかすむ風景とその輪郭。色と風合い。ナチュラルマットな表面に残った雨粒。サンドラの作品にスコットランドの風景は、影響を与えているというより、存在そのものになっているようです。

ハードとソフト、光と影、素朴さと洗練の組み合わせ。落ち着き、変化、とらえどころのなさ。サンドラが心地よく感じるのは常に変化する背景です。

素材を重ねることで彼女の作品は形作られます。時を超越した現代性、既存のスタイルに加味された異国情調、技巧と美的感性。地元のハリス・ツィードが何代にもわたって織り続けられているように, 彼女の作品もすべて独自の物語を紡いでいます。ハリス・ツィード、フレンチ・レース、イタリアのシルク・オーガンザを時にはいっしょに、時には別々に使います。大切なのは素材の組み合わせです。

ウールはもちろんパレットの中央にあります。暖かくて着心地が良く、ソフトでありながら耐久性に優れ、落ち着いた風合いながらも力強さがあります。サンドラの熟練した技術と着る人の感性に呼応する素材であり、身体的・精神的な心地良さを兼ね備えています。

ベルベット、レース、ウール、チュール、シフォン、麻、ツィード。サテン、コットン、ブロカテル、ジョーゼット、タフタ、マトラッセ。こうした生地の融合が当然と考えらられる人がいたでしょうか?

オーダーメイド

オーダーメイドはサンドラ・マーレイを育てました。世界に1つだけの仕立ての良い衣服を手作りすることが、クチュールと職人芸の世界に彼女を導き、職人芸の美的感覚を支えるのに必要な、クチュールに対しての確かな目を育みました。数多いハイライトの1つは、1999年に訪れました。スコットランド議会の開会式に着るために、英国エリザベス女王のドレスの製作を依頼されたのです。

ロングドレスからフロックコート、さらには結婚式全体の衣装まで、又、それぞれの衣装が着られる場面のスタイリングまで(結婚式では当日のスタイリングまで)がサンドラの仕事になります。サンドラにとってオーダーメイドとは、彼女とお客様、そして誕生する作品の3者から成る緊密な関係性から生まれるのです。この関係性は、お客様との初めての打ち合わせの時から始まります。採寸する瞬間、完成品を夢見る瞬間 - 何年たってもサンドラ・マーレイだとわかる作品の完成ををサンドラは想像しながら、すべては、お客様との打ち合わせから始まります。

コンサルティングはサンドラのもう1つの仕事です。独自のノウハウを用いて、世界中の著名機関に、色、テキスタイル、スタイリング、イメージに関するアドバイスを提供します。

最近の主な仕事活動は次のとおりです

次回コレクション
Cawdor Castle
キャッスル・コレクション
ハイランド地方の城からインスピレーションを得た、12か月にわたって展開されるコレクション・シリーズ 第1回のテーマはコーダー城

2010年4月5日
Sir Sean Connery and Fiona Hyslop MSP
ニューヨーク開催 チャリティーイベント
‘Dress to Kilt’
ショーン・コネリーとサンドラ・マーレイのドレスをまとったフィオナ・ヒズラップ文化・外務担当大臣

2010年4月
Club Norwood an New York
ニューヨークのノーウッド・クラブにてFIT(Fashion Institute of Technology:ニューヨーク州立ファッション工科大学)学内コンペ授賞式 モデルのチェックをするサンドラ

2009年8月
コンペ‘City Meets Country, Scotland means Style’
スコットランド国際開発庁およびFITと共同設立

審査員
サンドラ・マーレイ、ブライアン・レニー(デザイナー)、マルコム・バーキンショー(ECA:エジンバラ芸術大学)、シーラ・メアリー・カラサース教授、スー・ストーンズ(ハーヴィー・ニコルズ)、エバ・アリギ(ヘラルド紙)、ボブ・カルジート、ローレン・ミリガン(ヴォーグ誌)

2009年11月
Urram MBE ga bhuileachadh air Sandra
バッキンガム・パレスにてエリザベス女王よりMBE(大英帝国勲章)を受勲

2009年夏
Taisbeanadh Castle House
アリスツ・オリエル・ハーウッドとマコリン・ブライアンと共にキャッスルハウス・ロンドン・ショーケースを開催

2009年7月
Dèanamh is Aodach-fighte


	11 An t-Ògmhios
28 An Lùnasdal


	Airson àite a ghleidheadh air ‘Còtaichean 
is Sgeulachdan’, cuir fòn gu Sandra air 
0463 220091.
ザ・ギャザリング09のオープニングにてエジンバラ城でポーズをとるミス・スコットランドのキャサリン・ブラウン

2008年までの活動
ニューヨークSAKS、東京 -
スコットランド国際開発庁が関係する国際的な展示会 。ハリス・ツイードに関するレクチャーも開催

カンヌ映画祭 -
ハイランドズ&アイランドズ・フィルム・コミッションによる新作タータンをの発表。映画祭の一環として展示する作品も製作

メトロポリタン・クラブ・ニューヨーク -
スコットランド・ナショナルトラストのプロモーションのため、スコティッシュ・テキスタイルによるデザインを発表

ロンドン・ファッション・ウィーク -
スコティッシュ・テキスタイル展の一環としての展示